日本あんしん生活協会

お知らせ

【開催告知】2017年9月24日(日)東京「無農薬・無化学肥料でも多収穫・高収益を実現する奇跡の農業とは?~日本の食料自給率の向上と世界の食料不足の解決を目指す~」


 

機野菜(無農薬、無化学肥料で栽培された野菜)と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

・虫がついている
・小ぶり、不揃い
・収穫量が少ない

もし、そのように思われていたら、あなたのためのセミナーです。

300ヘクタール(東京ドーム約64個分)をオーガニック(無農薬・無化学肥料栽培)に変えてきた当協会特別会員の野々川尚氏が、有機野菜の間違った常識を正し、安心できる無農薬・無化学肥料栽培でありながらも多収穫・高収益を実現する「稼げる農業の秘訣」と、健康野菜を見分けられる賢い消費者になる方法をお話しいただきます。

野々川さんの栽培方法が広がることで、安心安全な野菜を多くの家庭に届けることが可能になり、日本の食糧自給率向上、世界の食料危機・食糧問題の解決にもつながると当協会は考えています。

 

野々川尚 氏 プロフィール

nonokawa

アグリビジネスコンサルタント/(一社)日本あんしん生活協会 特別会員

 

警察官・自衛官を経て、昭和57年に北海道で無農薬・無化学肥料の農業を始める。

昭和63年には日本初の生産者主体で農産物を消費者へ直送する宅配システム「野菜倶楽部北海道」を確立。新聞やテレビに数多く取り上げられる。

 

その後、西オーストラリア州政府の要請で、日本向け大規模農場の技術指導者として豪州へ移住し、300ヘクタール(東京ドーム約64個分)でオーガニック(無農薬・無化学肥料)栽培を実現。

 

さらに中国をはじめ東南アジア地域からも依頼が続き、20年間海外で技術普及に努める。NHKから取材を受けたびたび出演。

 

現在は「日本の農業を元気に」「すべての家庭に健康野菜を届ける」をモットーにアグリビジネスコンサルタントとして、日本全国で農家の指導や消費者向けセミナーを開催中。

指導した熊本県阿蘇市の農家(サンチェを1日1万枚収穫)は、指導後わずか4か月で収穫量が3倍になり、「手を抜く農業」ではなく「手間のかからない農業」・「稼げる農業」を実践させている。


 

【開催日】
平成29年9月24日(日)
講演 :14時~16時(受付開始13時45分)
懇親会:16時~17時30分

【会場】
東京都港区海岸1丁目(詳細は参加者にお伝えします)
JR山手線 浜松町駅 徒歩3分/都営大江戸線 大門駅 徒歩4分/ゆりかもめ線 汐留駅 徒歩4分

【参加費】
講演 :2,000円
懇親会:1,000円
※懇親会は野々川氏指導の無農薬栽培野菜の試食付き
※参加費お支払い完了次第のお席の確保となります

【定員】
先着30名

【お申込】
下記フォームからお申し込みください。

<<セミナー お申し込みフォーム>>

【お申込期限】
9月21日(木)とさせていただきます。期限以降のお申し込みはご相談ください。
なお、期限以降のキャンセルは会費全額分のキャンセル料が発生いたしますのでご了承ください。

以上、お会いできることを楽しみにしております。

一般社団法人 日本あんしん生活協会

トップページ