日本あんしん生活協会

お知らせ

【お知らせ】2017年9月9日(土)10日(日)「楽しみながら防災を学ぼう!横綱町公園 レスキューフェスタ」共催・出展します


当協会は、昨年度に続き、首都防災ウィーク「楽しみながら防災を学ぼう!横綱町公園 レスキューフェスタ」を共催、出展します。

 

今年は2017年9月9日(土)・10日(日)両国の横綱町公園にて開催します。

また、9月10日(日)には「大船渡634匹の焼きサンマ」が無料で配布される予定です。
食べて復興支援!ぜひご来場くださいませ。

(日時)2016年9月9日(土)~10日(日) 10:00~16:00

(開催場所)東京都墨田区横網2-3-25 横網町公園内

JR両国駅西口より徒歩10分 / 都営地下鉄大江戸線両国駅(江戸東京博物館前)A1出口より徒歩2分

(公式URL)http://shutobo.jp/

 

 

<<チラシ(A4両面)印刷用データのダウンロードはこちら>>

 

94年前の1923年9月1日、関東大震災で10万5千人が亡くなり、墨田区の横網町公園(旧陸軍被服廠跡)では3万8千人が焼死しました。

首都直下や房総沖、南海トラフなど次の大地震が切迫する中、過去の教訓を学び、伝え、被害を軽減するために、「首都防災ウィーク」の企画として「レスキューフェスタ」が開催されます。

当協会は共催・協賛団体として「首都防災ウィーク」に関わっており、正門を入ってすぐの場所でブースの出展と一つの講演を行います。

 

■当協会出展ブース

(1)「防災ベランダ菜園」

当協会では、無農薬・無化学肥料栽培をベランダで実践可能な「NAC一般基礎コースベランダ菜園講座」を開校しています(随時入校可能)。

 

実はベランダ菜園は防災にも役立ちます。

災害時に食料の確保が難しくなった際に、ベランダ菜園で収穫した野菜で難をしのぐことも可能になります。

普段は安心できる野菜を育てながら、万が一の際には、食料確保も可能になるベランダ菜園をご紹介します。

また、ご来場いただきました当協会の会員、および、その場で会員申込をしていただいた方には、NACの野々川講師が指導している福島県郡山市の農家「美農然」さんが無農薬で栽培された「カラフルミニトマト」のつかみ取りを無料で提供いたします。

 

(2)「水が電力!防災用ライト アクモキャンドル」

わずか1ccの水で2日以上点灯。繰り返し利用で2週間以上点灯する防災用ライトをご紹介します。

 

(3)「防災レンジャー」(9月9日のみ)

公園内を探検、モンスターを退治しながら、危険な場所や避難経路も自然と分かる「遊びながら」の防災訓練です。

 

(4)「シロー博士の1000連発!超巨大シャボン玉ランチャー」(9月10日のみ)

科学実験で「楽しみながら」地震や耐震の仕組みを体験。

 

■講演

・リレー講演会 9月9日(土)12:00~12:30「揺れて助かった人の防災術」渡辺徹 氏

 

是非ご友人同士やご家族でご参加いただき、いのちを守る人の輪を拡げていきませんか?

皆さまと会場でお会いできることを楽しみにしています。

 

一般社団法人 日本あんしん生活協会
http://rja.or.jp/