日本あんしん生活協会

活動報告

【開催報告】「ネイチャーズベストフォトグラフィー~自然との共生について~」2016年2月19日(金) 第45回 地域活性あんしん交流会


地域活性化・中小企業活性化・安心安全な地域社会創りをテーマにした「第45回 地域活性あんしん交流会」を2月19日(金)19時~銀座にて開催しました。

今回は17名の方にご参加いただき、皆様と共に有意義な時間を共有させていただきました。

2月度あんしん交流会

実に様々な業種の方々にご参加いただきました。

・障害者福祉のNPO活動をされている弁護士の方
・日本の伝統的工芸品である唐津焼の普及に努められている方
・北海道や種子島の地域活性化プロデューサー
・流通の仕組みを変えるような画期的な集客システムを開発展開する方
・世界にも例を見ない健常児と自閉症児の混合教育を行っている小学校の教師の方
・空気から水を創りだす製水器を展開する方

などなど。

参加された方同士の良縁づくりに繋がっているようです。

 

また、Nature’s Best Photography Asia 代表の浅井 工壹氏 にお話しいただいたセミナーも大変好評でした。

「Nature’s Best Photography」とは、21年目を迎える自然をテーマにした世界二大フォトコンテストの一つで、毎年20,000 枚以上の作品がエントリーされ、入選作品約50点が米国スミソニアン国立自然史博物館に展示されます。

NBP Asiaプロモーション動画 https://goo.gl/05qzyq

NBP Japanホームページ http://www.nbpj.org/

NBP Asiaホームページ http://naturesbestphotography.asia/ja/

Nature’s Bestアプリ(iOSのみ)→https://goo.gl/WzhrKX

 

浅井氏からは、東日本大震災をきっかけに日本の復興や日本の豊かな自然や動植物を世界に発信し日本を元気にしたいという想いから、それまで単独国では開催されなかった「Nature’s Best Photography」を2012年から日本で開催することになった経緯、Nature’s Bestの写真を手軽に楽しめるようになったアプリ、自然環境保護につながるような今後の展開などについてお話しいただきました。

浅井工壹氏

「Nature’s Best」の入選作品の写真は鳥肌ものです。
「これが写真?」「どうやって撮影したの?」など驚くべきものや、楽しくなってしまうような写真など、ぜひ一度ご覧になってみてください。

NBPJ2014入賞作品 http://www.nbpj.org/award.html

NBPA2015入賞作品 http://naturesbestphotography.asia/ja/gallery/

 

自然や動物に興味を持つこと、知ることから、環境保護・環境保全に少しでも興味を持つ人が増えればと思っております。

iPhoneやiPadなどをお持ちの方は、NBPのアプリをぜひダウンロードしてみてください。
日本あんしん生活協会は財団をとおして、Nature’s Bestアプリに対して支援をさせていただいております。

Nature’s Bestアプリ(iOSのみ)→https://goo.gl/WzhrKX

 

また、会の中盤では、庄司岳氏から北海道道東のインバウンドプロジェクトであるノーザンランド事業の話をお伺いしました。

北海道道東の「釧路」に拠点を置き、世界中の人たちに「最上級の北海道」の体験をしていただくことを目的として、次の3つの事業を展開する構想でいるそうです。

1)インバウンド事業

2)アウトバウンド事業

3)地方創生事業

北海道には自然があふれています。中でも北海道道東(「ひがし北海道」)は日本最大の野生の宝庫といわれ、その魅力ある資産をとおして「ひがし北海道ブランド」を作り上げるということです。

北海道で唯一の《道認定のマスターガイド》である安藤誠氏が日本最上級のツアーをプロデュースし、バードウォッチング、ホエールウォッチングなど様々なラグジュアリーツアーの提供があり、どれも感動すること間違いなし!ということです。

安藤氏が北海道の自然をテーマに撮影した写真が、ネイチャーズベストフォトグラフィージャパンで準グランプリを受賞しています。他の受賞作品を見ても自然美、そして生き物の素の姿が見られ、心を打たれる作品ばかりです。

将来的には、日本の北海道発で、この事業を世界的に広げていくことで、自然との共生、そして地域活性化の輪を広げていきたいとお話しされていました。

自然に対する価値観は世界共通だと感じ、ますます自然の魅力に引き込まれました。

 

なお、次回の交流会は、3月18日(金)19時~銀座で開催いたします。

【開催告知】「エコヴィレッジによる循環型社会を目指して」2016年3月18日(金) 第46回 地域活性あんしん交流会

今回のミニセミナーは「エコヴィレッジによる循環型社会を目指して」と題して、

一般社団法人 天然住宅 代表の相根 昭典 氏にお話しいただきます。

相根氏は、25年前から住宅での化学物質汚染に危機感をもち、「省エネ・高耐久・健康住宅」の設計・監理業務に加え、安全な自然素材の建材の研究・開発、コンサルティング、マスコミに発信して講演などを行ってきています。

現在は、循環型社会を目指した森林復興とエコ建築やエコヴィレッジの具現化に重点を置き活動されていらっしゃいます。

ご都合よろしければ、ぜひご参加くださいませ。

 

日本あんしん生活協会では、水・食・住まい・健康・医療・防災・教育など、活動を様々な分野に拡げていっています。

ホームページやメールマガジン、Facebook等をとおして、最新の情報をお届けしていきますので、ご覧いただけましたら幸いです。

また、当協会では、「人と人とのつながり」を最も大切な分野として考えております。

今後も、このような形で、防災や環境問題、街づくり、教育等に関するセミナーを含めた交流会を継続しておこなっていきます。

また、今後は、それぞれの分野で分科会を形成し、セミナーや勉強会・懇親会を開催していくことも予定しております。

皆様と共に力をあわせながら、より安心安全な地域社会創りを進めていけたらと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。