日本あんしん生活協会

活動報告

【開催報告】「エコヴィレッジによる循環型社会を目指して」2016年3月18日(金) 第46回 地域活性あんしん交流会


地域活性化・中小企業活性化・安心安全な地域社会創りをテーマにした「第46回 地域活性あんしん交流会」を2016年3月18日(金)19時~銀座にて開催しました。

今回は、日本あんしん生活協会の理念や活動に賛同・共感いただいた22名の方々にご参加いただき、満席となった会場では皆様と共に非常に有意義な時間を共有させていただきました。

地域活性あんしん交流会

今回のご参加者も実に様々な活動をされていらっしゃいます。

・自分の子供に食べさせたいと思える食品を開発し食育活動をされている方
・日本の少子化を多子化にすることを志として事業をされている方
・認知症予防のための活動を全国でされている方
・建物の長寿命化、不燃化を実現する画期的な材料を開発展開されている方
・大地震の発生30分前に通知するサービスを開発展開されている方
・日本の高度な技術や伝統的な産業の海外進出支援をされている方
・障害者福祉のNPO活動をされている弁護士の方
・北海道や種子島の地域活性化プロデューサー
・自分らしい暮らし方、生き方ができる村(コミュニティ)を作っている方
・自給自足的な生活の仕組みづくりをされている方

などなど。

参加された方同士の良縁づくりにも繋がっているようです。

 

また、水、食料、エネルギー、気候変動、災害、などの、世界的に解決すべき課題がありますが、そういった日本だけでなく世界的に問題となっている課題を解決するために、当協会は、安心・安全な生活を送る為のプラットフォーム構築と、概念や知識普及のための啓もう活動に日々、まい進しております。

その一環として、「地域活性あんしん交流会」を毎月、開催しており、今回は、一般社団法人 天然住宅 代表の相根 昭典氏をお招きし、「エコヴィレッジによる循環型社会を目指して」と題してお話いただきました。

一級建築士の相根氏は、25年前から住宅での化学物質汚染に危機感をもち、「省エネ・高耐久・健康住宅」の設計・監理業務に加え、安全な自然素材の建材の研究・開発、コンサルティング、マスコミに発信して講演などを行われていらっしゃいます。
現在は、循環型社会を目指した森林復興とエコ建築やエコヴィレッジの具現化に重点を置き活動していらっしゃいます。

エコヴィレッジによる循環型社会を目指して

 

セミナーの内容を一部、ご紹介いたします。

・日本は森林も高齢化しており、今は植林ではなく伐採して活用する必要がある。
・山の保水能力が落ちてきており、大雨の後は川が濁ったり土砂災害が発生している。
・森林再生のためには林業を再生する必要があるが、現状は住宅完成までには中間業者が多数あり、林業は低収入。
・中間業者を経由しない仕組みによって週休3日で年収700万円以上の林業も可能。
・低温乾燥によってコストも時間は半分になり、木材の耐久性が向上し、今まで使用できなかった木材まで使用可能に。
・低温乾燥は食品にも活用でき、認知症予防などにもつながる。
・高断熱、適気密建築により、断熱、省エネ性と共に耐久性も高まる。
・化学物質を含まない自然素材だけで、かつ、オシャレな住宅を大手プレハブ会社並みのコストで作る。

上記の内容も、密度の濃いお話の一部です。

 

相根氏にお話しいただいた後は、皆様と乾杯をさせていただきました。

乾杯

 

魅力あふれる素晴らしい方々との交流の場では、様々な話題が飛び交い、どの話も興味深く、どの話に耳を傾けようかと、迷ってしまうこともある楽しいひと時でした。

 

交流会の中盤には、3名の方から、それぞれ、興味深いスピーチを皆さまの前でしていただきした。

1人目の方は、株式会社さくら工房 代表取締役・食育インストラクター、櫻井 友子 氏です。
ご自身のお子さんに食べさせたいと思える食品を開発されていること、ご自身の経験をとおしてのワーキングマザー支援、防災食についてなどをお話しいただきました。

櫻井氏には、4月15日(金)19時~に開催される第47回 地域活性あんしん交流会でも、ご講演いただきます。

2人目の方は、地方創生コンサルタントとしてご活躍されている庄司 岳氏です。
ITが苦手な農家や中小企業などでも簡単に低コストで通販が可能になる画期的な「ふるさと通販パッケージ」のご紹介と、ふるさと割りやふるさと納税と組み合わせた自治体での活用事例をご説明いただきました。

3人目の方は、みらい地震予測株式会社代表取締役社長 兼 CEO犬伏 裕之氏です。
地震予測の必要性とM8.2以上の地震を発生30分前に通知可能となる仕組みの概要をお話しいただきました。

どのお話も非常に勉強になり、安心・安全な生活を送る為に役立つ内容でした。

 

安心・安全な生活を送る為には、衣食住はもとより、防災や地域活性化など、様々な分野でご活躍されている方々との連携・協力体制が大切だと考えております。

今後も安心・安全な生活を送る為に、様々な情報を皆様と共有できればと思っております。

 

次回は、4月15日(金)19時~四谷にて「地域活性あんしん交流会」を開催いたします。

詳細は以下の記事からご確認いただけます。

【開催告知】「家庭の食卓を豊かに~つながる家族と幸せ~」2016年4月15日(金) 第47回地域活性あんしん交流会

日本あんしん生活協会の理念や活動に賛同・共感いただける方々のご参加をお待ちしております。